施設詳細情報
施設名 清澄庭園 (名所・祭り:公園 )
所在地
Google地図
〒135
江東区清澄二・三丁目
問合せ先 清澄庭園管理所
TEL:03-3641-5892
交通手段 都営地下鉄新宿線「森下」下車 徒歩15分
ホームページ http://www.tokyo-park.or.jp/kouen/
PR 休園日:年末年始(12/29〜1/3)
開園時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
入園料:150円

緑の少ない区内にあって清澄庭園は、オアシスのようないこいの場として四季折々広く区民に親しまれている。また後楽園、六義園などと並ぶ都内屈指の名園として知られている。
 江戸時代、ここは久世大和守の屋敷であったが、三菱財閥の岩崎弥太郎が、付近の土地を併せて約10万平方メートルを買収し、明治11年から岩崎別邸として造園を始め、回遊式庭園として13年に完成した。庭は深川親睦園と称し、広く三菱社員の慰安にも使われ、明治18年弥太郎の死後も、弟の弥之助が遺志を継ぎ24年には和洋両館を完成させた。なかでも洋館はわが国に西洋建築を導入した英国人コンドルの設計になる立派なものであった。しかしなんといっても 清澄庭園は庭石の豊富なことで他に類をみない名園として有名である。これは、岩崎が自分の経営する三菱汽船を使い、財力にまかせて全国各地から約60種におよぶ奇岩珍岩を集めたためである。



■ ご意見・ご情報等は管理者までお知らせ下さい