品川区南品川3−5−17
品川寺
区内で一番古い寺、寺の入口には「江戸六地蔵」の一つが鎮座。境内の 「洋行帰りの鐘」は幕末、パリ万国博に出品されたあと行方不明 になり、昭和5年にジュネーブ市から返還され、これが縁で品川宿との交流 が始まった。